尊い子どもたち
「まず人間であれ!そしてのち、職業人や専門家になれ!私は、まず子供らに人間であることを教えるのだ!」と、ジャンジャック・ルソーは人間教育、すなわち「心の教育」を主張しております。また、ベスタロッチは「王座の高さにあっても、木の葉の屋根のかげに住んでも、その尊い人間の本質は同じである」と言っております。

ひかり幼稚園は、聖書の「愛の精神」を建学の理念として昭和40年に設立し、以来子どもの尊厳性、平等性を大切にして、幼児教育に精進してまいりました。

1.尊いもの真理なるものを敬う心
2.いかなる環境にあっても生き抜く強さ
3.他人に対する親切な思いやり
4.美しいことに感動する心
5.知識よりも知性や感性を育てる


以上のことを、教育目標として実践いたしております。「知・情・意」の調和した、全人的発達をはかり、精神的、身体的な全ての芽生えを健全に育てるために、教職員一致協力して尊い子どもたちの成長と発達に奉仕してまいります。